東京弁護士会 須田洋平法律事務所(東京都文京区)のホームページ

労働問題

経済状況を背景にした解雇問題

経済状況の変化とともに、会社による人員整理が頻繁に行われるようになっています。人員整理には解雇がつきものですが、その解雇が適切に行われない場合もあります。解雇が不適切な場合、解雇は無効とされます。
一般に、人員整理を理由とした解雇の有効性は次の観点から判断されます。
@ 人員削減をする経営上の必要性が会社にあったか
A 会社が従業員の解雇を回避するための努力を十分にしたか
B 解雇対象者の選定(人選)が合理的か(客観的基準によって対象者を選んだか)
C 解雇に至るまでの手続が妥当であったか(説明を十分に尽くしたか等)
例えば、会社の業績が順調であった、解雇を避けるべく別の職務に割り当てることを怠った、などといった事情があると、解雇が無効になる可能性が高まります。


職場でのストレスを原因とした病気<労災>

過労死、過労自殺という言葉は、残念ながら外国でも通用する言葉になりました。過労によって脳や心臓の病気になったり、あるいは、過労でうつになって労災を申請するケースが年々増加しています。また、セクシュアルハラスメント、パワーハラスメントを理由にした労災申請のケースも増加傾向にあります。
職場でのストレスが原因で病気になった場合、労災申請のみならず、会社に対する請求をするケースも存在します。


労働問題の解決

不当解雇、労災などの労働問題について、どのような解決が最も依頼者の長期的な利益になるのかを、依頼者と一緒に考え、方針を選択します。会社との話し合い、労働審判での話し合い、訴訟、労災申請といった様々な選択肢があります。

お気軽にご連絡ください。TEL 03-5981-5533

サンプルバナー


サンプルバナー



須田洋平法律事務所
〒112-0012
東京都文京区大塚3-19-10
文京KSビル5階
TEL 03-5981-5533
※電話受付
 平日 9:30〜12:30
    13:30〜17:15
FAX 03-5981-5534