東京弁護士会 須田洋平法律事務所(東京都文京区)のホームページ

国内との取引における契約書の作成・点検

国内取引における契約書の傾向

国内での取引では、従前から契約書にない事態が発生しても協議で解決する余地も多く、取引相手も日本のビジネス慣行を理解していることから、契約書の内容をシンプルなもので済ませようとする傾向がありました。
しかし、社会の複雑化が進むにつれ、国内取引であっても、リスク管理の必要性が増大しています。また、情報管理社会と言われるようになり、機密保持契約などが重要視されるようになってきました。


国内取引における契約書の留意点

これまでは問題が起きないことを前提に契約書が締結されていました。
今後は、問題が起きてしまっても迅速に解決し、引き続き仲良く取引ができるように、起こりそうな問題を予測し、その場合の対処法を予め契約書に定めておくことが必要になります。親しき仲だから、あるいは、親しき仲になりたいからこそ、契約書の内容を充実させることが求められるのです。


弁護士による契約書の作成・点検

海外取引の経験を活かし、海外取引並みのリスク分析を行った上で、オーダーメイドの契約書を作成したり、事案に即したチェックを行います。

お気軽にご連絡ください。TEL 03-5981-5533

サンプルバナー


サンプルバナー



須田洋平法律事務所
〒112-0012
東京都文京区大塚3-19-10
文京KSビル5階
TEL 03-5981-5533
※電話受付
 平日 9:30〜12:30
    13:30〜17:15
FAX 03-5981-5534