東京弁護士会 須田洋平法律事務所(東京都文京区)のホームページ

海外との取引における契約書の作成・点検

海外取引のメリット

海外取引により、良質の物品をより安い価格で手に入れることができますし、自らが提供する原材料、製品、サービスなどを海外に提供することで、国内取引よりも広いマーケットを相手にすることができます。更にビジネスチャンスも広がります。
近年は、経済システムの変化により、積極的に海外取引を行う中小企業も増えています。


海外取引におけるリスク

国内取引では契約書に記載していない事態が発生した場合、「誠実に協議する」といった条項を入れておけば、協議をしてリスクを回避できる余地が大きいです。しかし、海外取引では契約書に書いてない事態が発生した場合、そのような事態から生じた損害をすべて負担させられる可能性も相当程度あります。
また、契約書に書いていない事態が発生したために紛争となり、取引相手の本国の裁判所での裁判が行われることもあります。その場合、日本の企業であるために不利な戦いを強いられる可能性もあります。そのため、海外取引で起こりうる事態をきちんと想定した上で契約書を作成しないと、予想外の損害を負担することになりかねません。

国内取引
契約書にない事態が発生しても、協議で解決する余地も多い
取引相手も日本のビジネス慣行を理解している
紛争が発生しても日本の裁判所が扱い、日本法が適用される

海外取引
契約書にない事態が発生すると不測の損害の恐れがある
取引相手が日本のビジネス慣行を理解しているとは限らない
紛争が発生した場合、適用法と裁判地が日本とは限らない


弁護士による契約書の作成・点検

海外取引から生じうるリスクを事案ごとに分析し、オーダーメイドの契約書を作成したり、事案に即したチェックを行います。英語での契約書作成にも対応いたします。また、他地域の案件も地元の弁護士との提携により、迅速に対応いたします。

お気軽にご連絡ください。TEL 03-5981-5533

サンプルバナー


サンプルバナー



須田洋平法律事務所
〒112-0012
東京都文京区大塚3-19-10
文京KSビル5階
TEL 03-5981-5533
※電話受付
 平日 9:30〜12:30
    13:30〜17:15
FAX 03-5981-5534